糖分の消費のために身体を動かそう

  1. トップページ
  2. 糖尿病の改善・予防対策
  3. 糖尿病対策に運動が推奨される理由

症状改善に運動が良いとされる理由

運動が糖尿病の予防と改善に深く関わっていることは周知の事実ですよね。では、そもそもなぜ運動が糖尿病予防・改善に役立つのでしょうか?ここでは運動と糖尿病の関連性についてご説明していきたいと思います。

糖尿病と運動の関係

糖尿病の予防と改善のために運動が推奨されるのは、運動によって血糖値が下がるためです。人間の身体は、運動を行うことによって筋肉細胞がエネルギーを必要とします。このエネルギー源として消費されるのがブドウ糖なのです。

つまり、運動をすることで血中のブドウ糖が消費されるために、血糖値が下がるというメカニズムになっているという訳ですね。

また、適切な運動を続けると、身体の新陳代謝機能や細胞の生まれ変わりのサイクルが正常になり、糖尿病で痛みがちな血管の増強を図ることができます。さらに、基礎代謝が上がるため、なにもしていない状態(安静時・デスクワーク時など)でも適切に糖分が消費されるようになり、血糖コントロールが良好になるというメリットもあります。

運動がもたらす効果

運動がもたらす糖尿病予防・改善効果には以下のようなものがあります。

  • 運動を継続することで、血糖値が上昇しにくい体質を手に入れられる
  • 運動を続けることで、血液中のブドウ糖が効率よく利用され、糖代謝が正常に改善される
  • 体力・筋力がアップするため、肥満を予防することができる
  • インスリンの感応力が高まるため、少ないインスリンでも、ブドウ糖を効率よく筋肉細胞へ取り入れられるようになる
  • エネルギー消費量が大きい体質になるため、メタボ予防や肥満解消、体重管理に役立てることができる
  • 生命を維持するための「基礎代謝」が高まるため、太りにくく痩せやすい身体を作ることができる

このように、運動は糖尿病を予防するための身体づくりや、糖尿病を改善するための体質づくりに大変役立つものとなっています。糖尿病が気になる方は、積極的に毎日の生活に運動を採り入れるよう心掛けましょう。