薬物療法による血糖コントロール

  1. トップページ
  2. 糖尿病の治療と薬

糖尿病の治療と薬

糖尿病の初期段階では、食事と運動療法などの生活改善によって血糖値をコントロールしていきます。しかし、それだけでは生活の制限も多くなってしまうため、自己測定(SMGB)を行いながら、インスリン製薬などの薬物療法によって血糖値を安定させていくことになります。

ここでは、血糖コントロールの目標値やインスリン製薬の種類の紹介。治療中の体調不良「シックデイ」の注意点などを紹介していきます。

コンテンツ一覧

治療の目的と血糖コントロールの目標値

糖尿病の治療というのは、完治を目指すものではありません。適切な食事と運動、薬物療法によって、血糖値をコントロールし、症状緩和を行うものです。ここでは治療目的と血糖正常化について解説します。

血糖自己測定(SMGB)のメリット

患者自身で血糖値を計る「血糖自己測定(SMGB)」の治療におけるメリットを紹介。いち早く血糖値を把握できることや、治療に対するモチベーションアップなどの利点があります。測定方法と併せて解説。

代表的な経口血糖降下薬

薬物治療で主に処方される経口血糖降下薬、「スルホニル尿素(SU)薬」「インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)」「α‐グルコシダーゼ阻害薬」の3つについての解説しています。

インスリン製剤の3つの種類とその働き

糖尿病患者の血糖値コントロールのために用いられるインスリン製剤。なかでも代表的な3つの種類を紹介します。それぞれの特徴と働き、効果があらわれるまでの時間、使用方法などを解説しています。

インスリンの分泌を促す「インクレチン」

インスリン療法とは異なり、すい臓のベータ細胞に働きかけることで、インスリンの分泌を促すのが「インクレチン製剤」です。血糖値の高いときだけ分泌を促すので、低血糖になるリスクを軽減できます。

薬物療法中の運動

糖尿病に軽い運動が効果的とされていますが、薬物療法中はどうなのでしょうか。経口血糖降下薬、インスリン療法を受けている場合の、それぞれで最適な運動の方法やタイミングなどを紹介します。

食事ができない時の薬物療法

糖尿病になると、規則正しい食生活によって血糖値をコントロールすることになります。特に、薬物療法を行っている際は、食事が変則的になってしまうときは要注意。どのような点に気をつけたら良いのか紹介しています。

糖尿病治療中の体調不良「シックデイ」

糖尿病の患者が、それ以外の病気などで体調不良になることを「シックデイ」と言います。わざわざこのような名前が付けられているのは、それだけ注意が必要だからです。ここでは、シンクデイになった場合の注意点などを紹介します。