2型糖尿病の初期段階で用いられれる薬

  1. トップページ
  2. 糖尿病の治療と薬
  3. 代表的な経口血糖降下薬

主に処方される経口血糖降下薬

経口血糖降下薬とは、糖尿病の薬物治療で使用される医薬品です。代表的な経口血糖降下薬には、以下のようなものが存在します。

スルホニル尿素(SU)薬

この薬の働きは?
スルホニル尿素(SU)薬は、すい臓のランゲルハンス島という組織に存在するβ細胞(インスリンの分泌を司る)に直接働きかけ、インスリンの分泌を促す働きをします。インスリンの基礎分泌、追加分泌の量を増やすことで、血糖値を下げる作用があります。
どんな人に適しているの?
スルホニル尿素(SU)薬は、BMIが低く、食事・運動療法も問題なくできているにも関わらず、インスリンの基礎分泌量が少ない人や、空腹時の血糖値が高めの人に用いられます。

インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン薬)

この薬の働きは?
インスリン抵抗性改善薬は、脂肪組織に働きかけて、脂肪細胞から分泌され続ける「インスリン抵抗性」を誘発する物質を減少させ、インスリンの抵抗性を改善する作用を持ちます。一言で言うと「インスリン抵抗性を改善して血糖値を下げる薬」となります。
どんな人に適しているの?
食事・運動療法を適切に行っているにも関わらず、良好な血糖コントロールが行えず、インスリン抵抗性による高血糖が続く場合に用いられます。一般的には、高インスリン血症や慢性的な肥満が見られる、2型糖尿病に対する効果が高いと言われています。

α‐グルコシダーゼ阻害薬

この薬の働きは?
食事によって体内に吸収された糖質は、小腸内でα-グルコシダーゼという酵素によって分解され、ブドウ糖となります。α-グルコシダーゼ阻害薬は、その名の通り、α-グルコシダーゼの働きを抑制して糖質の分解を押さえ、消化・吸収を贈らせながら、食後の血糖値上昇を緩やかにする働きがあります。
どんな人に適しているの?
食事・運動療法が正しく行われていながら、食後高血糖が見られる2型糖尿病の初期段階で用いられます。空腹時の血糖値があまり高くなく、インスリン非依存状態のケースで使用されることが多い薬です。

経口血糖降下薬共通の注意点

経口血糖降下薬を使用することで、血糖コントロールが良好になることは多いですが、自己判断で服用を中断してしまうと、それまでの服用が無駄になってしまいます。血糖コントロールを順調なまま維持するには、食事・運動療法と薬物療法が相互にうまく機能している必要があります。

経口血糖降下薬の服用量の増減や中断は、必ず医師の診断・指導を仰ぐよう徹底しておきましょう。