血糖コントロール中に病気になったときの注意点

  1. トップページ
  2. 糖尿病の治療と薬
  3. 糖尿病治療中の体調不良「シックデイ」

糖尿治療中の体調不良と血糖値

どんな人でも、毎日の生活の中で風邪や頭痛、下痢といった体調不良に見舞われる時があります。特に、糖尿病治療中に風邪や発熱、腹痛や下痢などをおこし、体調を崩してしまった日は「シックデイ(Sick day)」と呼ばれています。

シックデイには、血糖コントロールが上手くいっている場合でも、血糖値が通常よりも上がりやすくなる傾向にあり、糖尿病ケトアシドーシス(脱水・意識障害・昏睡やショックなどの合併症)や高血糖を引き起こしやすくなるという問題があります。

シックデイでは、食事が摂れない、発熱や疲労、無気力のために動くことができないという状況に陥りがちですが、このような状態においても、インスリン療養を行っている場合は、自己判断でインスリン注射を絶対に中断してはいけません。シックデイになった場合には、早急に担当医に連絡をして指示を仰ぐようにしましょう。

1型糖尿病のシックデイ:インスリン注射はどうする?

1型糖尿病は、インスリンの分泌量が著しく低下している、もしくは分泌量が0となっているため、中間インスリンや超速攻・速効型インスリンで補っていることがほとんどです。

そのため、1型糖尿病においては、シックデイであっても基礎分泌に関わる中間型・持効型インスリンの注射は投与量を変更しないのが一般的です。但し、追加分泌を補う超速攻・速効型のインスリンは、状況に応じて投与量を調整します。

シックデイだからと言って、インスリンの投与を自己判断で中断してしまうと、インスリン欠乏やケトアシドーシスが発症する危険性があるため要注意です。

シックデイで食欲があまりない湧かない場合には?

腹痛や下痢、嘔吐などの消化器官の異常が出ている場合、食事が摂れないケースも出てくることでしょう。しかし、食事が摂れない・食欲が湧かないといった場合にも、自己判断で糖尿病薬を中断するのはNGです。

食欲がなくても、口当たりがよく消化に良い食品(果物、アイスクリーム、スープ、ジュース、プリン、おかゆなど)を食べ、可能な限り適性カロリーを摂取するよう心掛けましょう。もし、摂取した食べ物が指示カロリーに届かない場合は、状況に応じて糖尿病薬を調整します。この調整も自己判断で行うのではなく、担当医に相談をし、指示を仰ぐよう心掛けましょう。