3大合併症の特徴

  1. トップページ
  2. 糖尿病を詳しく知るために
  3. 合併症の恐怖

糖尿病が引き起こす主な合併症

糖尿病で恐ろしいとされているのは、なんといっても合併症です。高血糖が長期間続くと、全身の血管に障害が起き、冠動脈硬化や狭窄、脳動脈硬化、腎障害、神経障害、網膜症、細小血管症などを引き起こして今います。これらには自覚症状がほとんどなく、気付かぬうちに症状が進行し、最悪の場合手遅れになることもあります。

自覚症状がほとんどない糖尿病

初期段階の糖尿病には、ほとんど自覚症状がありません。自覚症状が感じられた際には、すでに症状が進行し悪化しているか、もしくは合併症を引き起こしている場合がほとんどです。糖尿病の合併症には「3大合併症」というものがあり、それぞれ「糖尿病性網膜症」「糖尿病性腎症」「糖尿病性神経障害」と呼ばれています。

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症(retinopathy)は、成人の失明原因の第一位とされています。この病気の怖いところは、高度の視覚障害が贈る直前まで自覚症状がないケースが目立つことにあり、それにより失明を引き起こす可能性を高めています。

糖尿病性網膜症は、主に以下の3つの症状が見られます。

  • 単純網膜症:視力低下、無症状、黄斑症
  • 増殖網膜症:網膜剥離、緑内障、硝子体出血、失明
  • 白内障:老人性のものである場合もあり
糖尿病性腎症

糖尿病性腎症は、初期段階で自覚症状がでることがまれで、症状が現れた時にはすでに腎機能が著しく低下していることがほとんどです。重度の場合、人工透析を受けなければ生命維持が難しい状態となります。

糖尿病性腎症は、主に以下の3つの症状が見られます。

  • 顕性腎症:慢性的に尿タンパクが検出される、高血圧、腎臓機能低下
  • 腎不全期:腎臓機能の低下
  • 尿毒素:人工透析が必要
糖尿病性神経障害

糖尿病性神経障害は、全身の神経の動きが鈍くなる病気のため、様々な症状が体に現れてきます。下痢や便秘、手足のしびれや倦怠感などの身体の不調が慢性的に起きるという特徴があります。

糖尿病性神経障害は、主に以下の2つの障害が見られます。

  • 限局性神経障害:筋萎縮、顔面神経麻痺、手根管症候群、動眼神経麻痺など
  • びまん性神経障害:自律神経障害、運動神経障害、感覚神経障害など