低血糖の原因と対処法

  1. トップページ
  2. 糖尿病を詳しく知るために
  3. 低血糖とはどういう状態?

昏睡状態になる恐れもある低血糖とは

低血糖とは、血糖値が60mg/dL以下になった状態を指します。健康な人間の血糖値は、空腹時に70~110mg/dLとなっていますが、低血糖を起こしてしまうと、体内のエネルギーが著しく不足してしまい、めまいや頭痛、意識がボーっとする、視界が曇るといった症状が出てしまいます。

また、高齢者の場合は認知症だと思っていたら、実は低血糖症だったというケースも少なくなく、他にも手足の震えや動悸、息切れ、冷や汗などの症状が突然現れる場合もあります。さらに、低血糖は自覚症状が出ないことが多いため、発見が遅れると昏睡状態に陥る危険性もあり、日頃から注意が必要です。

低血糖が起きる原因とは

低血糖の起きる原因は、血糖値が著しく上昇する糖尿病と共通している部分が多く、生活習慣の乱れや、運動不足などの要因によって引き起こされるケースが目立ちます。低血糖になる具体的な原因には、以下のようなものがあります。

  • 食事の時間が不規則
  • 食事の回数が少なく、摂取量が少ない
  • 運動量や仕事量が過剰
  • インスリンの分泌量が過剰
  • 肥満体質
  • 空腹時やインスリン効果が強い時間に激しい運動を行う
  • アルコール摂取量が多い
  • 薬の服用・インスリンの過剰投与が目立つ

対処法は糖分の摂取

低血糖は、初期段階の内は糖分を摂取することで回復します。軽い低血糖症の方は、普段から3~4個の角砂糖や飴などを持ち歩き、低血糖の症状がでたらすぐその場で、糖分を摂取することが重要となります。

但し、低血糖の薬として「α-グルコシダーゼ阻害剤(グルコバイやベイスン)」を服用している場合は、砂糖などでは対処が間に合わなくなるため、ブドウ糖の服用が必要となります。ブドウ糖は病院や薬局で購入することができますが、万が一持ち合わせがない場合は、ブドウ糖を含む市販のジュース(ファンタやハイシー、コーラなど)で代用することも可能です。

低血糖症は、日頃から十分注意を行っていても、ある日突然意識を喪失するような強い症状が起きる場合もあります。そういった事態に備え、日本糖尿病協会が発行している「糖尿病手帳」を常に携行し、低血糖症の対処法や連絡先を明記しておくと良いでしょう。