1型と2型糖尿病の違い

  1. トップページ
  2. 糖尿病を詳しく知るために
  3. 糖尿病の種類を把握しよう

糖尿病の2つの種類とその原因

糖尿病は、糖分の摂取が過剰になることが直接的な原因ではありません。この点を正しく理解していない場合、間違った対処法を行ってしまい、症状を悪化させる危険性も出てきます。そこで今回は、糖尿病の種類と原因についてご説明していきたいと思います。

1型糖尿病(Type 1 diabetes)

1型糖尿病は、すい臓炎症によるインスリン分泌量低下によって発症する病気です。1型糖尿病の原因は、膵臓のランゲルハンス島にある、インスリンを生成する「β細胞」が破壊されることにあります。β細胞が破壊されると、体内のインスリン量が著しく低下し、時にゼロとなってしまうため、血糖値が正しくコントロールされなくなってしまいます。

すい臓のランゲルハンス島が炎症を起こす要因は、自己免疫疾患やウィルス感染によるもので、突発的に発症するという特徴があります。特に、自己免疫疾患が原因となっていることが多く、なんらかの理由で免疫システムが誤作動を起こし、病原体と間違えてβ細胞を攻撃してしまうケースが多く見られます。

1型糖尿病は、若年で発症する糖尿病の大半を占め、かつては「小児糖尿病」と呼ばれていたこともありました。しかし、近年小児に限らず成人になってもβ細胞が破壊され、糖尿病を発症するケースが認められてきたことから、小児糖尿病の名称は使われなくなりつつあります。

2型糖尿病(Type 2 diabetes)

日本人の糖尿病患者の大半が、2型糖尿病であると診断されています。2型糖尿病の原因は様々ですが、インスリン分泌の減少によって引き起こされる病気であることに違いはありません。2型糖尿病の原因と考えられるものには、以下のようなものが挙げられます。

1、インスリン量が原因
インスリンの分泌量が少ない、または、肝臓や筋肉の細胞がインスリン作用を感じなくなり、2型糖尿病を引き起こすケースがあります。ただ、これらの要因がなぜ起こるのか、その根本原因はいまだ解明されていない部分が多いというのが実情です。
2、生活習慣の乱れ
2型糖尿病の主な原因は、過食、飲酒、運動不足などの生活習慣の乱れに関連している場合が多いと考えられています。さらに、加齢や肥満によっても罹患率が上がるとされ、2型糖尿病は中年以降の肥満者に発症しやすい糖尿病と言われています。