放っておくことで発症する合併症の問題

  1. トップページ
  2. 糖尿病を詳しく知るために
  3. 糖尿病を放置する危険性

放置することによる悪影響

糖尿病は、血液の中の血糖が過剰になる病気です。では、糖尿病になると具体的にどのような悪影響が現れてくるのでしょうか?

糖尿病をそのままにしておくと、様々な悪影響が……

血糖値が高いまま放っておくと、まず血管がボロボロになる「血管病」を引き起こします。その後、全身をくまなく結ぶ血管と神経が侵され、正常な栄養の供給が途絶えることとなり、全身の臓器や細胞に様々な障害がおこることとなります。これが、糖尿病の「慢性合併症」とよばれるものなのです。

慢性・急性合併症とは

糖尿病の慢性合併症は、細い血管にみられる「細小血管障害」と、太い血管にみられる「大血管障害」の2つに大別されます。加えて、慢性合併症の他に、インスリンの作用不足によって急激に発症する「急性合併症」も存在します。それぞれの合併症には、以下のようなものがあります。

慢性合併症

細小血管障害

  • 糖尿病網膜症
  • 糖尿病腎症
  • 糖尿病神経障害

大血管障害

  • 脳梗塞
  • 狭心症、心筋梗塞など
  • 閉塞歳動脈硬化症

その他の慢性合併症

  • 歯周病
  • 認知症
  • 糖尿病性足病変

急性合併症

  • 感染症
  • 糖尿病ケトアドーシス
  • 高浸透圧高血糖症候群

糖尿病の合併症、その問題とは

糖尿病の慢性合併症と急性合併症、このどちらも糖尿病患者の寿命のみならず、QOL(quality of life生活の質)を著しく低下させてしまいます。糖尿病は、根本原因を叩く治療ができないため、一度発症してしまうと、完全に治すことが不可能とされています。そのため、糖尿病は早期発見・早期治療が大変重要とされているのです。

糖尿病はいわゆる慢性疾患であるため、日常的な自己管理と治療が必要となる病気ですが、近年、治療法や薬の進歩によって、正しい治療と対策を続けることで健常者と同等の生活が送れるようになってきています。

糖尿病の治療は、患者の寿命とQOLを損なう合併症を予防すること、そして、たとえ合併症を発症しても悪化させずに治療することが大変重要だとされています。