糖尿病に伴う疼痛について

  1. トップページ
  2. 糖尿病の痛み

糖尿病の痛み

糖尿病の症状が悪化していくと、手足の痛みやしびれなど、様々な疼痛が起こります。そして、さらに進むと自立神経障害などで苦しむことになります。ここでは、糖尿病性神経障害を中心に、その症状と治療法をご紹介しています。

初期の段階では微細な症状なため、軽く見てしまいがちですが、そこで病院に行かなかったがために、取り返しのつかないことになってしまうことも。病院やお医者さんへの相談のポイントも合わせて掲載しています。

コンテンツ一覧

糖尿病の慢性疼痛とは

初期の自覚症状がほとんどない糖尿病ですが、進行するにつれ様々な痛みが表れてきます。ここでは、糖尿病に伴う3つの慢性疼痛、それぞれ特徴と傾向を解説しています。

糖尿病性神経障害の症状と特徴

糖尿病が進行することで起こる糖尿病性神経障害について紹介しています。個人差はありますが、手足の痛み、しびれなどが多く、さらに症状が悪化すると、自律神経障害、勃起障害などが出るようになります。

糖尿病性神経障害の治療法

糖尿病性神経障害による疼痛は、その痛みに対する特効薬がないため、血糖コントロールによる症状緩和が治療のメインとなります。また、食事や運動療法などで神経障害の発症や進行を抑えます。

医師に相談するときのポイント

糖尿病の痛みや不快感は、初期の頃は微細なものが多いため、わざわざ病院に行くまでもないと思ってしまいがちです。しかし、そのためらいが取り返しのつかないことになるかもしれません。どのような病院や医師に相談すれば良いのか、ポイントをご紹介します。